念能力を開発してみた①

最初に書く記事が妄想なのは如何なモノかと思いましたが笑
自由に書くのがテーマのサイトなので気にせず掲載します!

大昔に別サイトで記載した内容をリライトして書いていますφ(・ω・ )メモ
今回は友人が考えた能力
名前は特についてなかったので私が勝手につけました←

系統:特質系
完全複写(フルコピー)】
敵の能力を複写して自分のものとし、いつでも好きな時に使えるという能力。
クロロの【盗賊の極意(スキルハンター)】とは違い、相手の能力を”コピー”するだけなので相手が能力を使えなくならない。

≪発動条件≫
自身が”絶”の時に相手の能力を受ける事。
それがどんな技であれ、掠っただけでもその能力の全てを複写できる。
たとえば、【神速(カンムル)】を使ったキルアに触れただけでも【雷掌(イズツシ)】や【落雷(ナルカミ)】など全ての能力を複写してしまう
その後習得した技は再度その人物の念能力を”絶”で受ける必要がある

完全にクロロの改良版ですね笑
友人曰く「クロロのように本を開きながら戦うなんて器用な真似は出来ないから、制約を緩めて使いやすくした」とのこと

管理人が思うに、具現化系、操作系、変化系の能力者は簡単に技を複写されてしまうでしょう。特質系はその能力に寄りますが、作品中に出てきた能力者(クロロ、パクノダ、ピトー)なら容易く模写できます

問題は強化系と放出系を複写する場合
メレオロンの【神の不在証明パーフェクトプラン)】を使えばある程度イケそうな気もしますが、作中にもあるように、”絶”でダメージを受けると僅かなオーラでも多大なダメージを被ってしまいます
6巻でのゴン対ギド戦や22巻でのフェイタン対ザザン戦参照

仮にゴンの能力【ジャジャン拳】を模写するとしたら、力を溜めているゴンに【神の不在証明】で近付いてコッソリ触れるしかないのでしょう。強化系よりなゴンの攻撃を”絶”で受けたら… 掠り傷でも致命傷となるでしょう(-_-;)

それにしても、こういう「僕の考えた最強能力」的な話を出来る友達はありがたいですねw いくつになっても楽しく会話ができます(いい大人が何やってんだとか言わないの!)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

念能力を開発してみた④

NO IMAGE

念能力を開発してみた③

NO IMAGE

当サイトでのゲーム攻略記事について

NO IMAGE

念能力を開発してみた②