念能力を開発してみた②

前回記事と同じく、別サイトにて公開していた記事をリライトして此方に掲載していますφ(・ω・ )メモ

今回は私・ヴェントが考えた能力
運動神経が鈍く、昔から動くのが苦手だった私が考えたのは…

系統:変化系
オーラを水に変える能力
自身のオーラだけでなく、他人のオーラをも変化できる
(相手の体に触れている状態でのみ可能)
近くにある水分(海や雨、ペットボトル飲料など)を利用すれば少ないオーラ量で多大なる変化をもたらすことが出来る

水の羽衣(ウォーターベール)】
常に水のオーラで纏っている
敵の念能力は勿論のこと、紫外線などからも身体(特に肌)を守る
通常はごく薄いオーラだが管理人の意思によって羽衣の厚さを変えられる。
雨の日は勝手に強度、性能が増す
逆に晴れ、炎天下や猛暑の時は必要オーラ量が上がってしまう

水の指揮者(コンダクター)】
自身のオーラをあらゆる状態の”水”に変化させる
たとえばローションのような形態にも出来るし、
過冷却水にも良い湯加減にも水蒸気にも出来る
具現化派生として水や氷でできた武器を生み出すことも可能
主な使い方は
①戦闘時、自在な武器を作り出す
②敵の体液を凍らせる、あるいは煮沸させて殺す
③相手の体液の温度を変えて解熱や暖を与えて治癒力を向上させる
④湖や川を温水に変えてお風呂を楽しむ……など

母なる海(ビックマザー)】
強化系派生な技。辺り一面を”海”にする
海と言っても海水ではなく、その時の状況によって”水”を変化させる
かなりのオーラを消費すれば水気の無い場所に大津波を起こすことも可能
海や川の傍、若しくは大雨の日だと殆どオーラを消費せずに起こすことが出来る
この”海”に呑まれた者は心身の傷を全て洗いだされ”母(海)”に呑みこまれる
使用者が救済の意図を持って居た時は多大な苦しみの後に浄化されて”海”から出られるが、倒すつもりで発動した時は救済され、本当の水底(世界の外側の大海の底)に連れて行かれる

…我ながらすごい妄想力だこと(笑)
自分が雨女であることと水泳が好きなことをヒントに考えてみました。キルアの”電気”と違い、”水”なら誰でも毎日浴びてますしね

友人と話した時はこの能力だけ考え付いたんですが、ある日仕事中に閃いた能力がありまして… それは次回に回します

あ、「マジメに働け」って突っ込み話でお願いします(笑)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

念能力を開発してみた①

NO IMAGE

念能力を開発してみた④

NO IMAGE

念能力を開発してみた③

NO IMAGE

当サイトでのゲーム攻略記事について