LP0~3000時代のお話

どうも、一昨日の晩御飯の記憶すら怪しいヴェントです

そんな私が是空を使う以前の話をしようとするのは愚行極まりない気もしますが、どうにかこうにか記憶を捻り出して書き綴っていこうと思います

ただ、下記についてはご留意ください

  • ナッシュを使っていたのはS1、エドを使っていたのはS2であり、当時と現在では調整により変わった点が多々あります
  • リプレイとかも特に残していなかったので完全に当時の記憶のみが頼りです←
    是空編になったら少しはマシになるはずだから…(:3_ヽ)_

ゲーム購入からLP1000到達まで

まずはキャラ選び

実は発売日にDL版を買うという凄まじいやる気を見せていた私
更に使うキャラも予め決めていました

それはナッシュ
理由は見た目が1番良かったから←
ええ、私はいつも見た目だけでキャラを選んでますよ

不器用なもんで悪戦苦闘しましたが、どうにかナッシュのトライアルを制覇し、簡単なコンボを幾つか覚えた上で有象無象が跋扈する熱帯の海へ飛び込みました

発売当初は当然全員LP0スタートなので、格ゲー猛者やスト5からの初心者、ライト層など多種多様なプレイヤーとマッチングしました

当時使っていたコンボ

  • 小P中PTC < サイス
  • 2中P < 中P < サイス
  • J大攻撃 < 2大P < 中P < サイス
  • 6小K からの 投げ(マイナスFからのぼったくり行動)
  • 小or中サイス < CA
  • ExソニックからのVT択

過去作の貯金と弊害

前作「ウルトラストリートファイター4」をPP1000程度までとはいえ、多少は嗜んでいた経験が活きる場面と足枷になる場面がありました

それこそ、ナッシュのトライアルを早い段階でクリア出来たのは、ウル4での経験が活きた場面と言えるでしょう
なお、春麗やかりんのヤツは未だにS1すらクリア出来ません←

では、足枷になった場面とは何か

それは、咄嗟の時に出る“手癖”でした

ウル4での使用キャラはガイ
(今のメイン・是空の弟子です)
ガイはジャンプ中、↓+中Pで「肘落とし」という空中軌道変化技を出すことができました
この技は異常に判定が強い上に相手の対空を釣ったりする便利な技で多用していました

ナッシュでも手癖でジャンプ中、↓+中Pを多発しました
ええ、上方向へのアッパーが出るだけなんですけどね、ええ←

そしてガイも是空と同じく三角飛びが出来ました
ええ、ナッシュでもやろうとしましたよ、無意味な空ジャンプに終わるんですけどね、ええ←

「ナッシュは忍者じゃなかったー!!」という訳の分からん感想を叫びつつもどうにかLP1000に到達したのは今となってはいい思い出です…
多種多様な武器は持っていませんが、出来るコンボの成功率を上げたのが要因でしょうか…

LP1000~3000まで

エドとの出会い

LP1000で早々に満足した省エネ体質(?)な私は、プレイ頻度がガクっと下がり、稀に知り合いとラウンジする程度に落ち着いていました

そんな中、S2初夏辺りに追加された『エド』というキャラを思い付きで使ってみることに
ええ、相変わらず見た目だけで選んでますよ、ええ←

エドは技の出し方が非常に特殊で「格ゲーに慣れていない人でも」簡単に技が出せる仕様となっています
ただ、実戦で使うとなると割と上級者向けなのがなんとも憎い仕様…

トライアルやネットで調べたコンボレシピ(簡単なモノ←)を練習し、カジュアルマッチで徐々にならしていきました

当時使っていたコンボ

  • 中P < 2中K < サイコアッパー
  • 2小K < 小P < サイコフリッカー
  • J大攻撃 < 中P < 2大P < サイコライジング < Exサイコスプラッシュ < 2Vスキル
  • サイコナックル > サイコライジング > サイコスプラッシュ
  • (画面端)前投げ > 前ステップからの投げor打撃択
    (いわゆる柔道)
  • VT絡みのコンボ

この辺りから「昇竜や大足へのカクハン」を意識し始めました
といっても、高いコンボが出来る訳ではなく苦笑

  • 昇竜のガード後は自分が出来る「クラカンコンボ」を叩きこむ
  • 大足のガード後は大足か、中攻撃の反撃を入れる

↑ぐらいのことですが、完遂できるよう意識しました
「ダメージの取れるところでしっかり取る」というのは大事ですからね

カジュマでの戦績が良かったのでランクマでもエドを投入してみることに

決して平坦な道では無かったですが、かといって大きなスランプなどもなく、LP3000に到達することが出来ました
これも偏に「エド」というキャラクターのポテンシャルのお蔭でしょう

ただ「これ以上はもっと練習しないと行けないだろうなぁ」などと思いつつ、またも省エネ体質が発動し、稀に知り合いの配信に凸する以外は頻繁には遊ばなくなってしまうのでした…(:3_ヽ)_

~LP3000までを振り返ってみて

振り返って思ったのは…今とやってること変わってなくない?ってことです←

是空実装(並びにアプデが来た2018年4月)以降、プレイ頻度が上がったのは事実ですが、やってることや意識していることは始めた当初と大きく変わったわけではありません

ただ、続けていく内に出来るコンボが増えていたり、対戦相手の知識が増えたり(熱帯に多いキャラや知り合いの持ちキャラに関する知識は必然的に増えやすいです)、自分の弱みと強みが見えてきたり(弱み:対空がヘッポコ、強み:無敵技のパナシどころ←)……どんな形にせよ「経験値」は無意識の内に貯まっていくようです

培った経験値は何よりの財産であり武器です
快勝した記憶も、惨敗した記憶も、ひとしく記憶のどこかに残ることでしょう(たぶん←)

用語集

調整 全てのプレイヤーが抗えない、運営によるバランス調整
Twitterで阿鼻叫喚が見れたりする
S1、S2 各シーズンのこと
2018年はS3(シーズン3期)
PP 前作「ウルトラストリートファイター4」での強さの指標
PP(プレイヤーポイント)は全キャラ共有で、その人の強さを表し、BP(バトルポイント)はキャラごとに蓄積され、そのキャラのやり込み具合を示していた
ガイ ファイナルファイトでコーディーに助太刀した武神流第39代継承者
赤い衣服とスニーカーがトレードマーク
師匠・是空と同じく横文字が大の苦手
「疾駆けにはスニイカーが最適でござる!」
コンボ 連携技のこと
難易度の低いものから高いものまで多種多様
コンボが得意な人は”職人”と崇められ、プロゲーマーではsakoさんが特に有名「ハメやで」
トライアル 「お題のコンボ」に挑むモードのこと
実戦で使えるものから「お前いつ使うねん」という産廃モノまで揃っており、難易度もキャラによって大きく異なる
是空は超簡単です
三角飛び 一部のキャラにのみ許された画面端限定の行動
壁を蹴ってジャンプをし、奇襲や位置入れ替えなどで相手を惑わす
是空は若でのみ可能、ご老体には厳しい模様…
エドとファルケの技 この2キャラはコマンドでも溜めでもなく、ボタン同時押しで必殺技が出るという仕様になっている
同時押し以外の技もあり
CAはコマンドで出す
CA 「クリティカル・アーツ」のこと
EXゲージがMAXの時のみ使用可能で、全てのゲージを消費して専用の演出から高火力の技を出す
キャラによって格差があり、CAよりEx技に回した方が良いキャラもあり
是空のCAは無駄にカッコイイ
Ex技 1ゲージ消費することにより、通常必殺技を強力にすることができる
フレームや火力など、使いどころも変わるので「ゲージを吐くかどうか」は常に考えたいところ
ただ、ゲージを残して負けるのは避けたい
VT 「vトリガー技」のこと
ダメージを受ける、Vスキル技を当てる、クラッシュカウンターを当てるなどでゲージが貯まり、すべて消費することで発動できる
下記のVリバーサルとどちらにゲージを回すかが重要だが、これもゲージを抱えたまま負けるのは避けたいところ
Vリバーサル Vゲージを1本消費して、相手の攻撃をガードした際、モーションをキャンセルして切り返すことができる
打撃系(発生早いがダウンは取れない)、(発生遅いがダウン取れる)、移動系(相手の裏に回る)の3パターンがある
是空は発生早いがダウンは取れない組
Vスキル 各キャラに用意された必殺技
出し方は全キャラ共通で中P+中K
性能はキャラによって大いなる格差があり、是空は不憫な方←
(だが位置入れ替えができる)
クラカン 「クラッシュカウンター」のこと
バリーン!とガラスが割れたかのような演出が入る
昇竜拳など無敵技をガードした後や相手の小・中攻撃を特定の大攻撃で潰した場合に発生する
大足 しゃがみ大K攻撃のこと
〇足とつく名称は全てしゃがみキックの攻撃を指す
大足を当てるとダウンを取れるので初心者帯などでは大足ブンブン丸が出現する
カクハン 「確定反撃」のこと
ガードして隙の大きな技はその隙に付け込んで大きなコンボが入る
特に昇竜拳は分かり易い上に実戦で撃たれる機会の多い技なので、反撃はしっかり知っておきたい&入れれるようにしておきたい

ソフトや関連グッズなど

ソフト 使用アケコン ときどさんの著書

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「SFV奮闘記」はじめます

LP2500~5500時代のお話

2018年5月 ランクマ戦績

2018年6月 ランクマ戦績

2018年7月 ランクマ戦績

2018年8月 ランクマ戦績