【歌詞】青春

青春

概要

  • 作詞・作曲:真島昌利
  • 発売日:2000.5.24(シングル:青春)

歌詞

冬におぼえた歌を忘れた
ストーブの中残った石油
ツララのように尖って光る
やがて溶けてく 激情のカス
音楽室のピアノでブギー
ジェリー・リー スタイル
骨身をさらけ出したその後で
散文的に笑う

渡り廊下で先輩殴る
身に振る火の粉払っただけだ
下校の時にボコボコになる
6対1じゃ袋叩きだ
鼻血出ちゃったし あちこち痛い
口の中も切れた
リバウンドを取りに行くあの娘が
高く飛んでる時に

心のないやさしさは
敗北に似てる
渾沌と混乱と狂熱が
俺と一緒に行く

校庭の隅 ヒメリンゴの実
もぎって齧る ひどく酸っぱい
夏の匂いと君の匂いが
まじりあったらドキドキするぜ
時間が本当に もう本当に
止まればいいのにな
二人だけで 青空のベンチで
最高潮の時に

関連グッズなど

30周年記念 クロマニヨンズLive




翼を授ける! 頭を使え!
飲み過ぎには注意! もっと頭を使え~

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【歌詞】BGM

【歌詞】東京ゾンビ(ロシアンルーレット)

【歌詞】パンダのこころ

【歌詞】魔羅'69

【歌詞】キスして欲しい

【歌詞】ミサイルマン