【SF6】キンバリー奮闘記:05【レバーレス挑戦記#01】

格闘ゲームを遊ぶ時、どんなコントローラーを使っていますか?
PSやXboxのパッド(コントローラー)でしょうか
ゲームセンターの筐体でお馴染みのアーケードスティックでしょうか
PCのキーボードでしょうか
今回の記事は、最近勢力を増やしている「レバーレス」を購入した管理人の体験記です
ちなみにレバーレスは昨日購入して、今日届きました
使用時間はせいぜい数時間という短さでお送りしています←

Contents

レバーレスを買いました




どうも、管理人のヴェントです(◦ω・)
この度、レバーレスを購入しました!
1/24に購入して1/25午前中に届く…
物流関連には足を向けて寝れませんね( ・´ー・`)

↑購入したレバーレス

SF6の流行のせいか、現在各種コントローラーの値段が高騰しており、転売もチラホラ…
大手メーカーが出しているデバイスは、気軽に購入できる値段ではなく、仮に合わなかった場合に財布とメンタルに大打撃を受けてしまいます←
一方、コチラはなんと約¥11,000(なんなら割引してたので1万切ってました)
ソシャゲで儚く溶かすことを考えれば、だいぶ健全な使い道でしょう!笑

購入に至る経緯


どうして今回、レバーレスを購入するに至ったかと言いますと、最近ちょっとアケコンの挙動が怪しかったんですよね(´・ω・`)
レバーが上に跳ねてジャンプが暴発したり、パリィやインパクトの反応が遅れたり、コマンドミスが起こったり…
ただ、私自身のコマテクがうんちなので、アケコンが悪いのか自分が悪いのかがまったく判断付かないのですが←

2017年11月末にRazer Pantheraを購入し、6年以上使ってきました
我が推し・ときどさんが2017年にこのアケコンでEVOを制覇したのが購入のキッカケです(単細胞)
管理人はアケコンに関する知識がゼロ!
「下手に触ったら壊しちゃいそう」という信念の元、ボタンもレバーも買った時に付属していたものを一切メンテせずに使い続けています
天板やボタン・レバーの拭き掃除ぐらいしかしていません
にも関わらず、現在まで目に見えるエラーが発生しなかったので、このアケコン、相当優秀だと思います笑

アケコンを新調したい、だけど値段が軒並み高い!
どうせならレバーレスにしてみる?でもそっちも良い値段するよな…

↑USJ近辺のホテルに2人で2泊できそうなお値段

そんな中、アマゾンのおすすめでピックアップ表示されていたのがこちらのアケコン

他のメーカーと比べて相当安価
一応直営ショップが出品しているから詐欺とかではないか…?
いろいろ悩んでいる中、格ゲーマー・ささきさんの動画でも触れられていたので購入を決意

上記にも書きましたが、ソシャゲのガチャで「なんの成果も得られませんでしたぁ!」と1万円溶かすよりは有意義に使えるかな、というのが最大の決め手となりました笑

デバイスを変えるデメリットに対する自分の考え


ウル4から始めた格闘ゲーム、操作媒体はずっとアケコン
Amazon履歴を見たら2014年8月に購入していたので、約10年ほどのキャリアがあります
その割には腕前がヘッポコなのは仕様なので見逃してください←

デバイスを変えると、またイチから技術の積み上げになります
もちろん、コンボ判断や知識なんかは受け継げる要素です
ですが、純粋な操作技術が今まで通りに行かなくなります

思い通りに動かせていたものが、思い通りに動かせなる
そのストレスは計り知れないモノになるでしょう…

ですが、管理人は思いました
「いや、我、ヘッポコやん」

そう、管理人は永遠の初級者(自称)
未だに基本技術に難がある!
細かい練習をせず、ノリと勢いだけで遊んでいる!
I am ゆるふわエンジョイ勢!Fooooo!!!

積み上げた技術や経験がそもそも少ない人間にデメリットって少なくない?
いやー、ポンコツなヘッポコで良かったー!!(何も良くない)

最近調子悪いかも?と思っていたRazer Pantheraくんですが、根本的にご臨終したわけではないので、手元に残してあります
なので、いつでも戻れるというのもメンタルに優しい感じで生きています←

実際に使ってみた感想(見た目編)


途中でこの記事を書き始めたので、本当に使って数時間の感想です(早漏)
まずサイズ!

サイズの比較対象で召喚された、一緒に購入したニベアくん

小さい!軽い!!
管理人が使っているRazer Pantheraくんがクソでか超重量なので、落差がえぐい!←

オフ対戦への参加経験は1,2回しかない人間ですが、3kgぐらいをリュックに詰めてヒィヒィ言いながら移動していました
この小ささと軽さならカバンの選択肢も増えるし、移動もしやすいというのは大きなメリットだと思いました

↑PCに接続したら光り出したHAUTEくん

ゲーミングデバイス、どうしてすぐ光り出すん…?
割とキレイだし、ゲーム中は基本手元見ないので秒で気にならなくなりました←
順次色が変わっていく仕様なんですが、ちゃんと水色で撮りました(青より水色の方が綺麗だったのでこっちにしたという変なこだわり)

アケコンの時は膝に置いて使っていましたが、この子はかなり薄いので、膝よりも机に置いた方が安定しそうなのでそっちにしています
今まで3kgの重りを膝に乗せて遊ぶという苦行をしていましたが、今後は脚の健康にも良さそうな環境になりそうです

実際に使ってみた感想(プレイ編)


では実際にプレイしてどうなったのか
まだトレモとトライヤルしかやっていないですが率直な感想です

  • ジャンプがむずい!!
  • 左の薬指が貧弱っ!
  • できるコンボとできないコンボの差がえげつない

ジャンプがむずい話


どうも、バッタよりジャンプしているで有名なヴェントです(◦ω・)
そんな自分がジャンプしたくなくなるという、意味不明な状態になっています
むしろジャンプ癖を矯正するためにレバーレス始めたのではないだろうか、という歴史と認識の改変が始まりました(?)

ジャンプは親指で押す下の部分に設定されています
これ1つで垂直、左右ボタンと同時押しで前・後ろジャンプが出ます
慣れればいつものバッタに戻るとは思いますが(矯正失敗)
慣れるまでは地上戦の何たるかを学べる気がします(前向き)

左手の薬指、一気に仕事が増えたの巻


管理人は右利きです
左手の薬指、普段は「W」「S」「X」を入力するぐらいしか仕事をしていません
特別な指輪を装備するしか輝く場面が無い人生です(?)
そんな彼が、一躍大仕事を任されました
左方向への入力という、大変重要な仕事を…

竜巻コマンドがね、難しいのなんの…
アケコンの時はむしろ波動拳コマンドが苦手で、竜巻の方が得意でした
是空の時は若のVSでわざと2P側へ回ってCA(真空波動コマンド)を出していたぐらいには苦手でした

打開策を一応見つけはしました
キンバリーのSA2(竜巻2回)などのとき、ホームポジション(指の配置)を1つずらし、人差し指と中指でやればかなり綺麗に竜巻2回が成立します
でも、これだと根本的な成長ではないよな…と思ったのでなるべく使わない方向で行きたいです
ただ、このスタイルを極めて問題ないと判断できれば、配置ずらしをやっていくと思います( ・´ー・`)

できることとできないことの落差


全部が全然できない状態で始まることを覚悟していたのですが、意外とできる部分がありました
たとえば1P側で虎連牙 > OD鉾刃脚 > 胴刎ね > L一文字 > SA3
これらはすべて波動コマンドで構成されているので問題なくできました

また、超絶苦手なH一文字 > PDR獄鎖or天架が割とすんなりできました
おそらく、レバーよりもボタン2回押しの方がステップを出し易いタイプの人間だったようです

ではできないのは何か?
それは竜巻やジャンプ要素が組み込まれたコンボです

  • 虎連牙 > OD一文字 > JMP > OD竜巻 > SA2
  • 虎連牙 > DR2HP > OD荒鵺捻り~
  • 飛箭蹴 > JMP > M一文字
  • 爆弾絡みセットプレイでのOD荒鵺捻り拾い

現在はトレモやトライヤルで動かない相手への練習をしていますが、それでも成功率が恐ろしく低いです…
これが実戦で動き回る相手に叩き込めるようになるのか…

初日の感想総括


以上、レバーレスを始めた経緯と初日の感想でした
正直このまま続けていくか分かりませんが、今はトレモのコンボ練習が非常に新鮮な感覚で楽しめていますし、簡単な部類のはずのキンバリーのトライアルが一気に激ムズに変貌を遂げたので、ここを繰り返しやっていこうと思っています
レバーレスでの低空旋風脚が苦手すぎて、ここだけいつも飛ばしています←
どうせ実戦で使わないしセーフ!←

アケコンと同程度の動きができるようになるまで、どれだけ時間が掛かるか分かりませんが、コンボレシピや起き攻めの見直しも兼ねて、焦らずゆっくりやっていくつもりです( ˘ω˘)


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SF6】キンバリー奮闘記:06【レバーレス挑戦記#02】

【SF6】キンバリー奮闘記:07【MR1700に到達できた話】

【SF6】キンバリー奮闘記:03【マスターリーグ開幕!な話】

【SF6】キンバリー奮闘記:02【MASTER到達した話】

【SF6】キンバリー奮闘記:04【アレコス難民になっている話←】

【SF6】キンバリー奮闘記:01【キャラ選びからダイヤまでの話】